【受託】新人看護職員卒後研修実地指導者研修

研修名ジェネラリストの看護実践研修
【受託】新人看護職員卒後研修実地指導者研修
研修内容ねらい:「看護する人を育てる」という理念に基づき、新人看護職員に対して直接看護実践能力獲得のための支援を行う実地指導者を育成する
内容:看護基礎教育について/ケアをする人を育てる/人を教えること、育てること/新人看護師・実地指導者のメンタルヘルス/ケアの現場で新人をどのように育てるか
開催月2月開催日2.8(木)~10(土)3日間
時間9:10~16:30ステージ
(定員)
ⅡⅢ(120名)
受講料資料代他2000円
 研修1日目の受付にて徴収いたします
募集期間12.1~15
講師①相良病院副院長・総看護部長 江口惠子
②藤沢市教育文化センター主任研究員 目黒悟
③鹿児島大学医学部保健学科教授 堤由美子
④鹿児島県医療法人協会立看護学校副校長 大山もと子
対象条件平成30年度実施指導者予定の者
(実施指導者とは、新人職員に対して臨床実践に関する実施指導、評価などを行う者)
※3日間を通して受講できる方、昨年度までの実施指導者研修・教育担当者研修未受講の方
※各施設において平成30年度の新人職員の採用を予定されている施設
備考 ※講師指定テキストを持参してください。
目黒悟(2010)「看護教育を拓く授業リフレクション~教える人の学びと成長~」(メヂカルフレンド社)
*協会での販売はいたしません。各自でご準備ください。
※のり(固形スティックのり もしくは液状のり)と、ラインマーカー(蛍光ペン)4~5本を持参してください。

※詳細は【別紙2】32頁参照
申込様式3(71頁)
[添付ファイル]30.(申込様式3)実地指導者研修会申込書(2月).doc
[添付ファイル]9.【別紙2】新人看護職員卒後研修実地指導者研修会実地要項.pdf
申込 研修会参加申込について 結果報告 -