専門職としての第一歩~看護師としての自覚と責任ある行動について考える~

研修名新人研修
専門職としての第一歩~看護師としての自覚と責任ある行動について考える~
研修内容ねらい:看護を取り巻く社会の変化を理解すると共に社会人・職業人としての自覚・自立性を養う
内容:職能団体としての看護協会の役割/社会の変化と看護職の責任/患者の権利と看護者の責務/看護者の倫理綱領/グループワーク(これまでに体験した患者・家族との関りを振り返り患者の人権を尊重した看護について考える
開催月9月開催日9.6(水)
時間10:00~16:00ステージ
(定員)
Ⅰ(100名)
受講料会員1,000円
非会員2,000円
募集期間7.1~31
講師①鹿児島県看護協会長
②相良病院
副院長・総看護部長 江口惠子
対象条件鹿児島県内の医療機関に就労する1年目の保健師・助産師・看護師・准看護師
備考 ※申込みと同時に受講前課題レポートを提出してくださ

テーマ:これまで体験した患者の人権を尊重した看護に関して印象に残っていること
内容:就職してから現在までの看護体験
(1)印象に残っていること
(2)事例を選んだ理由
(3)関わりを通して考えたこと・気づいたこと
規定:A4判 縦長 横書 11ポイント 40字×30行 1200字程度

※詳細は【別紙1】(31頁)
申込様式1(69頁)
[添付ファイル]8.【別紙1】「専門職としての第一歩研修」実施要項.docx
申込 研修会参加申込について 結果報告 -