教育計画の概要

《教育理念》

公益社団法人鹿児島県看護協会は、看護職の職能団体として、看護職者が能力開発を主体的、積極的に行い、社会から期待される役割を遂行できるように、継続教育の機会とその質を保証する責務を持ち、看護職者の職業倫理の向上と看護に関する専門的教育及び学術の研究に努め、県民の健康と福祉の増進に寄与する。

《教育目的》

  1. 多様化する人々の健康ニーズに対応し、安心・安全な看護を提供するとともに人々の健康生活を支援し、専門職業人として質の高い看護サービスを提供できる人材を育成する。
  2. 看護の専門性の向上や役割拡大を図り、チーム医療を推進する。
  3. 一人ひとりが専門性を高めるための自己研鑽やキャリア開発を支援する。

《教育目標》

  1. 専門職としての知識・技術の向上を図る。
  2. 安心・安全な看護を提供できる。
  3. 地域住民の健康に関わる問題に対応できる。
  4. 研究的・科学的思考ができる。
  5. リーダーシップを発揮できる。
  6. 主体的に課題を解決できる。
  7. 自己啓発を図り、豊かな人間性を養う。

《平成30年度教育研修計画のポイント》

1 ジェネラリストの看護実践能力開発の推進

  1. フィジカルアセスメントの向上研修
  2. ・小児のフィジカルアセスメント 隔年でH30年度は実施
    ・奄美地区で開催

  3. 看護実践上の課題に対する研修
  4. ・看護記録
     根拠を押さえた記録の書き方と記録の問題解決を示唆する研修
    ・「脳血管障害のある患者の摂食嚥下障害のある看護」

  5. 認知症対応力向上研修
  6. ・オンデマンド認知症高齢者の看護実践に必要な知識(認知症ケア加算2)
    ・病院医療従事者向け認知症対応力研修

  7. 地域包括ケア推進・在宅ケア・退院支援の強化
  8. ・多死社会に求められる看取りの看護(インターネット配信研修「オンデマンド」)
    *以下,継続
    ・入退院支援(シンポジスト発表施設変更)
    ・精神科訪問看護研修(精神科訪問看護基本療養費算定要件となる研修)
    ・ELNEC-J研修

  9. 生き生きと働き、キャリアアップできる支援
  10. ・入職2~3年目研修継続
    ・怒りとの関わり方(アンガーマネジメントに追加)
    ・スペシャリストナース交流研修会
     対象;認定看護師,専門看護師,特定行為研修修了者
     日本看護協会の特定行為研修や新たな認定看護師制度の検討に関する研修
     スペシャリストのリソースナースとしての貢献について意見交換
    ・糖尿病重症化予防研修(糖尿病合併症管理料加算対象研修)
    ・専任教員継続研修
     対象;中堅教員
    ・専任教員養成講習会

2 看護管理者研修

  1. 「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」活用に向けて
  2. 看護職員向け認知症対応力向上研修
  3. 診療報酬からみたサービスマネジメント
  4. 看護補助者の活用推進のための看護管理者研修(診療報酬加算対象研修)
  5. 研究活動の支援
  6. 専任教員継続研修「カリキュラム開発~カリキュラム改正を踏まえた考え方」

《研修の選択について》

 H30年度より「看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)」の習熟段階【レベルⅠ~Ⅴ】」 で表示

受講対象を【レベルⅠ~Ⅴ】で表示。それぞれの看護職がJNAラダーの内容を自らの習熟段階を対比させ、自身の実践レベルに合わせて、学ぶべき学習内容を含んだ研修を選択して申し込む

段階
レベル毎の
定義
基本的な看護手順に従い必要に応じ助言を得て看護を実践する 標準的な看護計画に基づき自立して看護を実践する ケアの受け手に合う個別的な看護を実践する 幅広い視野で予測的判断をもち看護を実践する より複雑な状況において、ケアの受け手にとっての最適な手段を選択しQOLを高めるための看護を実践する

※看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)は、日本看護協会ホームページから『看護師のクリニカルラダー(日本看護協会版)』および『活用のための手引き』がダウンロードできます。
URL http://www.nurse.or.jp/nursing/jissen/index.html